---- Sponsored Link ----

©オーイズミ

2019年8月19日導入、OVER-SLOT「アインズ・ウール・ゴウン絶対支配者光臨」【天井狙い・ゾーン狙い・リセット狙い・ヤメ時考察】です。

天井・ゾーン・モード・リセット狙い等、この機種で勝つための情報と狙い目を簡単にまとめました。

自分が稼動する時にも使っているので、期待値等の詳細は載せず、狙い目のみ簡潔に見やすさ重視で書いています。

新しい解析情報が公開されて、狙い目が変われば随時更新していく予定です。

※2019年9月1日追加更新:ヤメ時とゾーン狙いを修正

---- スポンサードリンク ----

狙い目まとめ

G数天井狙い

・380G~(等価)

・400G~(56枚貯メダル)

・460G~(56枚現金)

ゾーン狙い

・30G〜86G+前兆まで

モード狙い

・現状特になし

リセット狙い

・0〜86G+前兆まで(注意:有利区間移行後)

高確狙い

・現状は無視の方向で

やめ時

・ボーナスorAT終了後、86G+前兆確認ヤメ。(即ヤメもあり、詳しくは後述)

 

 

狙い目解説

各狙い目を簡単に解説します。

G数天井狙い

天井詳細

内容 有利区間移行後786G+前兆
恩恵 ボーナスorAT(振り分け1:1)

天井は786G消化+前兆です。

6号機なので有利区間移行後からカウントすると思われますが、おそらくボーナスorAT終了のタイミングで有利区間がリセットされるタイプだと思うので、特にデータ表示機ではズレないかと思います。

天井恩恵はボーナスorATで、振り分けは1:1

元々AT初当たりが重たい機種なので(設定1で1/737)、50%でATが当選するのは大きいと思います。

また、天井の100G前の686Gにも仮天井があり、50%でボーナスに当選するようです、これは天井ストッパー的なものですね。

天井G数も浅いですし、ATがそれなりに強力そうなので、天井狙い向けの機種だと思います。

ソーン狙い

この台の通常時はモード管理されていて、モードAとモードBの2種類が存在。

下二桁が86Gの時に、CZである「1Kチャンス」抽選、ボーナス・AT直撃抽選が行われ、モードAであれば「286G・486G」といった百の位が偶数の時がチャンス、モードBであれば「186G・386G」といった百の位が奇数の時がチャンスになっています。

とはいえ、現状解析も出ていないので、下二桁86G狙いをする価値はないと思います。

1Kチャンス

CZである「1Kチャンス」は、見た目は連続演出風になっていて、演出中に点灯している液晶枠ランプと同じ色の小役が引けるとチャンスです、別メーカーの「政宗2」の連続演出中と似たシステムですかね。

唯一狙えるのは、ボーナスorAT終了後の0G~86Gでの引き戻し期待度が高い(MAX60%)とメーカーも謳っているので、そこだけは積極的にゾーン狙いできます。

当たり後86G以内でやめてある台があれば、86G+前兆まで回しましょう。

※追記(2019年9月1日)

何度か自分で打ってみて、0G〜から打つのは効率が悪いと感じました、期待値はあると思いますが、ある程度回されている台を狙った方が良いと思います。

もちろん86Gに近いゲーム数であればあるほどおいしいので、86G以内で落ちている台はチェックしましょう。

リセット狙い

リセット時は、おそらく内部で非有利区間状態からスタートすると思われます。

ボーナス後同様に、有利区間移行から0~86Gの初当たり期待度が高い状態だと思うので、リセット濃厚台は86G+前兆まで回しても良さそうです。

時間効率はあまり良くないので、他に狙い台があれば、オーバーロードのリセット狙いは無視しても良いと思います。

リセットの見抜き方や有利区間ランプについては調査中。

高確狙い

高確状態を示唆するステージはいくつかありますが、現状そこまで価値がありそうでもないので、狙わない方向でいきます。

解析が出たら変わるかもしれません。

ヤメ時について

ボーナスorAT終了後、86Gまでの引き戻し期待度が高いので、必ず86G+前兆までは回しましょう

※追記(2019年9月1日)

実際に自分で打ってみましたが、毎回86G+前兆まで回す(約110G)のは時間効率が悪いと感じました。

86Gで当たらないことも多いですし、ボーナスが当たってもATを取れないとゾーンを回すだけで追加投資なので。

ですので、天井狙いやゾーン狙いで当たった後は即ヤメすることを推奨します

現状中途半端に30〜50G程度回されて捨てられていることも多いので、そういう86Gによりゲーム数が近い台のみゾーン狙いするようにした方が無難です。

 

公式PV動画

777タウン.net