---- Sponsored Link ----
©SANKYO

©SANKYO

2016年5月30日導入、CRフィーバー夢福神【スペック・ボーダー・解析攻略】です。

お馴染みのSANKYOの大人気キャラ「夢夢ちゃん」ぱちんこ最新作です。

今作の夢夢ちゃんはドット演出になっています。(個人的にドット機は好きです)

 

スペックはライトミドル甘デジの2スペック同時リリースのようです。

どちらもかなり遊びやすい(勝ちやすい)仕様になっていて個人的に注目している台です。

---- スポンサードリンク ----

 

スペック(ライトミドル)

大当たり確率 1/149.6
確変中確率 1/19.6
賞球数 5&1&10 
ST突入率 100%
継続率(ST+時短) 約64%
ST回数 15回
電サポ内容 50回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年5月30日
メーカー SANKYO

スペック(甘デジ)

大当たり確率 1/99.1
確変中確率 1/19.6
賞球数 5&1&8 
ST突入率 100%
継続率(ST+時短) 約65%
ST回数 15回
電サポ内容 40回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年5月30日
メーカー SANKYO

大当たり振り分け
(ライトミドル)

ヘソ・電チュー共通
15R確変(約1200発) 40%(ST15+時短35回)
10R確変(約800発) 35%(ST15+時短35回)
5R確変(約400発) 25%(ST15+時短35回)

大当たり振り分け
(甘デジ)

ヘソ・電チュー共通
15R確変(約960発) 25%(ST15+時短25回)
10R確変(約640発) 30%(ST15+時短25回)
5R確変(約320発) 45%(ST15+時短25回)

スペックは2種類ですが、どちらも軽い初当たり確率に加えヘソ賞球5個、さらに全ての大当たりにST15回+時短がつきます。

電チューの返しは1玉ですが、それでもスペックを見ただけで甘いのはわかります。

 

甘デジのほうはライトミドルに比べて初当たりが軽い分5R比率が上がっていて時短も10回転少なくなっています。

出玉性能はライトミドルのほうが高く初当たり確率も1/149.6と軽いのでスペック的にもライトミドルのほうが甘めです。

 

 

ボーダーライン
(ライトミドル)

交換率 ボーダー
2.5円 22.3回転
3.0円 21.2回転
3.3円 20.4回転
3.5円 20.0回転
4.0円(等価) 19.0回転

※6時間稼動・出玉5%減。

ボーダーライン
(甘デジ)

交換率 ボーダー
2.5円 22.1回転
3.0円 20.9回転
3.3円 20.4回転
3.5円 20.0回転
4.0円(等価) 19.4回転

※6時間稼動・出玉5%減。

試打動画

総評

軽い初当たり確率+ヘソ5個返しで遊びやすくお財布にもやさしい1台です。

ドット演出なので最近の台のような派手な演出や役物はありませんが、そこは逆にガチャガチャし過ぎずのんびり打てるので良いと思います。

 

ライトミドルのほうはお店を選べば十分稼げるスペックであると思いますのでぜひ優良店で打ちたい機種ですね。

 

 

フィーバーパワフル サウンドトラック フィーバーパワフル サウンドトラック
パチンコサウンドトラックMagical Halloween 5 Original Soundtrack(DVD付) パチスロ戦国コレクション2 Original Sound Track 遊技機『ガールズ&パンツァー』ボーカルミニアルバム「音楽道、はじめました!」 超 FEVER パチンコ・パチスロ激熱BEAT ドンちゃんシリーズ うたべすと
by G-Tools