---- Sponsored Link ----
©ニューギン

©ニューギン

2016年5月30日導入、CRそれゆけ野生の王国【スペック・ボーダー・解析攻略】です。

液晶上でかわいい動物達が活躍し、演出も「海物語シリーズ」のようにとてもシンプルですので、特に年配の方に好まれそうな機種です。

 

ミドルタイプとライトミドルタイプの2タイプ同時リリースで、ミドルはオーソドックスな確変タイプ・ライトミドルはSTタイプと違ったゲーム性になっています。

どちらも遊びやすい仕様になっているので安心して遊べます。

---- スポンサードリンク ----

 

スペック(ミドル)

大当たり確率 1/309.1
確変中確率 1/32.9
賞球数 3&4&7&13 
確変突入率 62%
電サポ内容 100回or次回まで
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年5月30日
メーカー ニューギン

スペック(ライトミドル)

大当たり確率 1/209.3
確変中確率 1/77.7
賞球数 3&4&7&12 
ST突入率 100%
ST継続率 約65%
ST回数 80回
電サポ内容 80回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年5月30日
メーカー ニューギン

大当たり振り分け
(ミドル)

ヘソ入賞時
15R確変(約1560発) 39%(次回まで)
6R確変(約620発) 8%(次回まで)
出玉なし確変 15%(次回まで)
10R通常(約1040発) 38%(100回)
電チュー入賞時
15R確変(約1560発) 48%(次回まで)
6R確変(約620発) 14%(次回まで)
10R通常(約1040発) 38%(100回)

大当たり振り分け
(ライトミドル)

ヘソ・電チュー共通
16R確変(約1540発) 51%(ST80回)
6R確変(約580発) 49%(ST80回)

規制のためどちらのスペックも継続率は抑えられていますが、大当たり時の振り分けもバランスが良く遊びやすい仕様になっています。

両スペック共大当たり時は必ず出玉を獲得できるのも嬉しいポイント。

 

ミドルタイプの特徴

ミドルタイプはオーソドックスな確変ループタイプ

確変大当たり時は必ず次回まで電サポがつくので安心ですね。

通常大当たり後も100回の時短が付いてくるので引き戻しにも期待できます。(引き戻し期待度約28%)

 

 

ライトミドルの特徴

ライトミドルタイプはST確変タイプです。

大当たり後は必ず80回のSTに突入します。

大当たり振り分けはヘソ・電チューで共通ですが、振り分けがほぼ1:1なのでいかに16Rを引けるかが勝負の分かれ道になりそうです。

 

 

ボーダーライン
(ミドル)

交換率 ボーダー
2.5円 26.9回転
3.0円 22.8回転
3.3円 22.0回転
3.5円 21.4回転
4.0円(等価) 20.4回転

※6時間稼動・出玉5%減。

ボーダーライン
(ライトミドル)

交換率 ボーダー
2.5円 26.2回転
3.0円 23.6回転
3.3円 22.5回転
3.5円 21.6回転
4.0円(等価) 20.3回転

※6時間稼動・出玉5%減。

公式PV動画

総評

両スペック共にとても遊びやすい台です。

確変継続率が少し低いのがネックですが、今後は規制のせいでこのようなスペックの台が増えるはずです。

 

普通の確変ループタイプだけだと「海物語シリーズ」には勝てないから2スペック同時リリースなのか・・はわかりませんがw

規制も厳しくなっていく中で今後どのようなスペックが主流になっていくのか、各メーカーさんやホールの動きを見守りたいと思います。

 

 

◆09 新・EX麻雀カタログ・ボーカルコレクション(未開封) 新品 ◆09 新・EX麻雀カタログ・ボーカルコレクション(未開封) 新品
by G-Tools