---- Sponsored Link ----
©SANYO

©SANYO

2017年2月6日導入、CRスーパー海物語 IN JAPAN 金富士ver.【スペック・ボーダー・解析攻略】です。

海物語ジャパンが、煌びやかな黄金バージョンとして登場です。

ミドルとライトミドルの2スペックが同時にリリースされ、どちらもシンプルなST確変タイプ、相変わらずの単純明快なゲーム性で安心して打てます。

お馴染みのキャラ達も豪華な金バージョンで登場しますが、サムに至っては顔や全身まで金ピカ仕様・・・w

---- スポンサードリンク ----

スペック(ミドル)

大当たり確率 1/319.6
確変中確率 1/68.1
賞球数 4&2&14
ST突入率 100%
ST継続率 約65%
ST回数 71回
電サポ内容 70回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2017年2月6日
メーカー SANYO

スペック(ライトミドル)

大当たり確率 1/199.8
確変中確率 1/49.0
賞球数 4&2&13
ST突入率 100%
ST継続率 約65%
ST回数 51回
電サポ内容 50回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2017年2月6日
メーカー SANYO

大当たり振り分け(ミドル)

ヘソ・電チュー共通
16R確変(約2020発) 65%(70回/ST71回)
6R確変(約760発) 35%(70回/ST71回)

大当たり振り分け(ライトミドル)

ヘソ・電チュー共通
15R確変(約1560発) 50%(50回/ST51回)
4R確変(約420発) 50%(50回/ST51回)

スペックは2種類ですが、違いは大当たり確率と出玉だけです。

当たり後は100%ST確変に突入し、ラウンド振り分けもヘソ・電チュー共通なので分かりやすい。

今作は出玉なし当たりがなくなった分、出玉ありでも常にMAXラウンド獲得とはならず、STタイプなので連チャンも保証されていません。

下手したら初当たり6R(ライトミドルは4R)→ST駆け抜けという可能性も十分あります。

ST回数はミドルが71回、ライトミドルが51回となりますが、何故か両スペック共電サポ回数が1回転だけ少なくなっています、普通に消化していれば電サポ終了時に保留が残っているはずですので、特に気にする必要はないでしょう。

 

大当たりの種類について

大当たりの種類は、海物語お馴染みの図柄揃いとなり、基本的に通常時・ST中共に共通で、奇数揃いと偶数揃いの違いはラウンド数のみ。(全てST突入)

ワリン演歌ラウンド

ワリン演歌ラウンド

大当たり時、奇数揃いであればMAXラウンド確定、偶数揃いであれば基本は6R(ライトミドルは4R)となりますが、偶数揃いでもMAXラウンドの可能性もあります。

特殊なラウンド中演出として「ワリン演歌ラウンド」というものがあり、初当たり時MAXラウンドorワリン演歌予告経由の大当たりで見ることができます。

 

電サポ中モードについて

スーパーチャンス

スーパーチャンス

大当たり後は必ずST確変モードである「スーパーチャンス」に突入します。

ST前半の「金富士ゾーン」中はテンパイするだけで超激アツ!、それ以降は通常時同様に任意でモードを選択することができます。

 

潜伏確変について

本機はST機となり、大当たり後100%電サポを獲得できるので、潜伏確変は存在しません。

 

ボーダーライン

交換率 ボーダー
2.5円 24.7回転
3.0円 22.7回転
3.3円 21.9回転
3.5円 21.3回転
4.0円(等価) 20.3回転

※6時間稼動・出玉5%減。

公式PV動画

総評

台としてはシンプルなSTタイプ。

演出面も、2015年12月にリリースされた海ジャパンに、いくつか新演出を追加したといった感じで、特に目新しさもありません。

海物語のST確変機種は過去にもありましたがあまり人気もなく、やはり海シリーズは王道の確変ループタイプの方が好まれる印象です。

打ち手も年配の方が多めなので、海物語は規制後もシンプルイズベストを貫いてほしいですね。

デラックス海物語 プレミアムサウンドトラック デラックス海物語 プレミアムサウンドトラック
by G-Tools