---- Sponsored Link ----
©SANKYO

©SANKYO

2016年11月7日導入、CRFタイガーマスク3〜ONLY ONE〜【スペック・ボーダー・解析攻略】です。

人気の「タイガーマスクシリーズ」の最新作ですが、導入前からネット上では話題になっていた曰く付きの機種で、確変65%規制後であるのに、ラッシュ継続率は驚異の98.8%という高継続を実現しています。

その内部システムについては詳しくは公開されておらず、ネット上でも様々な情報・考察が飛び交っている状態です。

あまりシステムを詮索し過ぎると、メーカー様から記事の削除依頼がきた方もいるとかいないとか・・・・(パチ○ロバ○一代)

当サイトでもメーカーから情報が公開されるまでは、あくまで個人的な考察になりますが、○○の逆鱗に触れないようにしたいと思いますw(もし記事が削除されたらお察し下さいw)

---- スポンサードリンク ----

スペック

大当たり確率 1/256
ラッシュ中確率 1/1
賞球数 5&3&10
ラッシュ突入率 約50%
ラッシュ継続率 98.8%
無敵ゾーン継続率 85.7%
電サポ内容 0or1回?
(詳しくは調査中)
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年11月7日
メーカー SANKYO

大当たり振り分け

通常時図柄揃い時
出玉なし通常 42%(ラッシュ突入)
3R通常(約240発) 8%(ラッシュ突入)
3R通常(約240発) 50%(時短なし)
ラッシュ中図柄揃い時
1R通常(約90発) 98.8%(ラッシュ継続)
出玉なし通常 1.2%(ラッシュ終了)
出玉なし通常 ?%(無敵ゾーン突入?)
無敵ゾーン中図柄揃い時
1R通常
(ロング開放約600発)
85.7%(無敵ゾーン継続)
出玉なし通常 14.3%(ラッシュ突入)

スペックは、変則ミドルタイプといった感じです。

まず通常時は、従来の機種同様に1/256での大当たりを目指します。

大当たり時は「出玉なし当たり」か「3R当たり」の2種類が存在し、「出玉なし」であった場合はその時点でラッシュ突入確定、「3R当たり」の場合は基本ラッシュ非突入ですが、一部ラッシュ突入の振り分けもあり、その場合は大当たり中のバトルで復活演出が発生し、ラッシュに突入します。

(3Rバトル時ラッシュ突入割合詳細)
ラッシュ突入⇒約14%
ラッシュ非突入⇒約86%

 

通常時の大当たりについて

タイガーラッシュ突入

タイガーラッシュ突入

通常時の大当たりは「7図柄揃いor虎図柄揃い」ならラッシュ突入確定

それ以外の図柄揃いは「タイガー・ザ・グレートバトル」に突入し、勝利すればラッシュ突入となります。

タイガー・ザ・グレートバトル

タイガー・ザ・グレートバトル

本機のバトル演出中はラウンド中というわけではないので、演出中に玉を打ち出していると丸々損してしまします

ですので、バトルの勝敗が決まるまでは打ち出しを止めて見守りましょう。

基本的には、「バトル勝利で出玉なしラッシュ突入」「バトル敗北で3R分出玉獲得通常時へ戻る」という流れですが、敗北+3R獲得後も復活の可能性があるので、最後まで諦めず祈りましょう。

 

タイガーラッシュについて

タイガーラッシュ

タイガーラッシュ

タイガーラッシュ中は右打ちで消化しますが、本機は「電チュー=アタッカー」のような役目を持っており、「スルー通過の1/1で液晶で図柄揃い→電チュー(アタッカー)開放」という流れを繰り返し、出玉を獲得していきます。

この「電チュー開放の権利(時短)=ラッシュ継続」を獲得できる振り分けが98.8%となり、いわゆる確変継続率というわけではなく、通常当たりの時短獲得振り分けが98.8%というような感覚がわかりやすいと思います。

正確な内部システムは解りかねますが、ラッシュに入ったら約99%という高継続率で1R当たりが連チャンするという認識でOKです。(一撃100連オーバーも可能♪)

 

無敵ゾーンについて

「無敵ゾーン」は、タイガーラッシュ終了時の一部で突入すると言われている特殊ゾーンです。

業界初の上乗せゾーンということで注目を集めていますが、こちらも詳しい内部システムは公開されていません。

タイガーラッシュ中のみ突入の可能性があり、突入率は約1/8000とのこと。

無敵ゾーン

無敵ゾーン

無敵ゾーン滞在中はラッシュ終了の可能性がなくなり、約85.7%の抽選に漏れるまで同モードをループします。

さらに無敵ゾーン中の当たり(電チュー開放)は、秒数管理のロング開放となり、1回の開放で約600発の出玉を得ることができます

無敵ゾーン終了後もタイガーラッシュに復帰するので、その一撃性は限りなく高いと予想されます。

 

ラッシュ即落ちについて

一部ネット上での噂ですが、通常時ヘソ消化時に保留を残したまま当たってラッシュに突入した場合、ラッシュ開始後ヘソ保留を優先的に消化されてしまい、「即当たり(3R出玉を獲得)→ラッシュ即終了」という恐ろしい事態に遭遇したという報告が多数ありました。

あくまで噂なので、信ぴょう性は定かではありませんが、念のため通常時激アツ予告が発生したら打ち出しを止めて、保留を貯めないほうが良さそうです。

 

通常時右打ちについて

通常遊戯時に右打ちをすると、かなり玉持ちが良くなるという情報が出回っています。

しかし、右打ちして大当たりを獲得しても100%ラッシュに突入しない模様なので、通常時は素直に左打ち消化をおすすめします。

 

トイレ休憩について

こういった仕様の台だと、ラッシュ継続中は打ち出しを止めることができず、トイレにもいけないかと不安になります。(まして高継続機種)

しかし、右打ち中に始動口(スルー)に玉を入れない限り図柄が変動(揃わない)しないようですので、アタッカー開放中でなければ連チャン中に手を止めて席を離れても問題ありません。

注意点として、無敵ゾーン中だけは、秒数管理タイプのアタッカー開放管理になっているようですので、無敵ゾーン滞在中だけはトイレは我慢して打ち続けた方が良さそうです

 

潜伏確変について

本機には潜伏確変は一切ありません、ラッシュ非突入当たり後や、ラッシュ終了後に突入する「リベンジモード」も、内部は通常状態なので無視して構いません。

 

 

ボーダーライン

交換率 ボーダー
2.5円 28.0回転
3.0円 25.0回転
3.3円 24.0回転
3.5円 23.0回転
4.0円(等価) 21.3回転

※6時間稼動・出玉5%減。

公式PV動画

総評

今作のタイガーマスクは色々な意味で注目を集めています。

確変65%規制の中、どのように継続率約99%という超高継続を実現したのか、メーカーさんも打ち手のために試行錯誤してくれているのでしょうが、またお上の怒りを買わないかが心配です。

導入後すでに300〜500連チャン達成などの報告も多数あがっているので、現行機種の中では夢のある機種なのは間違いありません。

しかしその分、通常時1/256の大当たりのうち、半数は約240発獲得時短もなしという、かなりキツイ仕様になっています。

 

正直安定して勝てる機種というわけではなさそうですが、こういった新たな試みをしてくれるのは個人的には高評価です。

ただあまりやり過ぎないようにお願いしたい気持ちもありますw

規制ばかりでつまらなくなっていくパチンコ業界ですが、メーカーさんも腐らずまだまだ色々とやってくれる気持ちはあるようですので、今後の各メーカーの動きに注目していきたいと思います。

 

今回のシステム考察の部分は、あくまで個人的な見解ですので、新たに解析情報が公開されましたら随時修正を加えていきたいと思っています。

 

タイガーマスク  完全復刻版 (KCデラックス) 全14巻完結セット【マーケットプレイスコミックセット】 タイガーマスク  完全復刻版 (KCデラックス) 全14巻完結セット【マーケットプレイスコミックセット】
梶原 一騎 辻 なおき
by G-Tools