---- Sponsored Link ----
©西陣

©西陣

2016年2月8日に導入された、CRモンキーターン-神速の勝利者-【スペック・ボーダー・解析攻略】です。

スロットで大人気のシリーズですが、パチンコでもなにげに3作目のようですね。

スペックは1/199の初当たり後時短中に引き戻すことができれば約90%という高い継続率のSTに突入と・・・現在もホールで人気稼働中の「サイボーグ009」とほぼ同スペックですね。

個人的にはこの手の台は苦手なんですが・・w

一度STに突入させれば「サイボーグ009」と同様にライトミドルでも夢(爆発力)のある仕様といえます。

---- スポンサードリンク ----

 

スペック

大当たり確率 1/199.8
確変中確率  1/44.8
賞球数 3&2&6&14 
ST突入率 0.5%
ST継続率 89.5%
ST回数 100回
電サポ内容 100回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年2月8日
メーカー 西陣

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
16R(約2010発) 0.5%(ST100回)
4R(約500発) 99.5%(時短100回)
電チュー入賞時
3R(約380発) 50%(ST100回)
4R(約500発) 20%(ST100回)
6R(約760発) 10%(ST100回)
8R(約1000発) 10%(ST100回)
10R(約1260発) 1%(ST100回)
12R(約1510発) 1%(ST100回)
14R(約1760発) 1%(ST100回)
16R(約2010発) 7%(ST100回)

振り分けを見るとわかりますが、ヘソでの初当たり時はほぼ全て通常当たりになります。

しかし必ず時短100回に突入するので、そこで電サポ中に約1/199の当たりを引ければ100%ST突入になります。(電チュー振り分けは100%ST突入)

 

一度STに突入させてしまえば、ST100回で当たり確率1/44.8と・・・約90%でST連チャンし続けます。

つまり、いかに時短100回転以内で引き戻せるか・・というゲーム性ですね。(時短引き戻し期待度は約39.5%)

ST中(時短中)の当たりは8R以下がメインになりますが、8Rでも約1000発獲得でき・・16Rであれば約2000発オーバーと爆発力もそれなりにあると思います。

 

ボーダーライン

交換率 ボーダー
2.5円 22.9回転
3.0円 21.4回転
3.3円 20.8回転
3.5円 20.3回転
4.0円(等価) 19.6回転

※6時間稼動・出玉5%減。

総評

MAX機がリリースされなくなってから、こういった時短引き戻しタイプの台も増えてきましたね。

このタイプはSTに突入させられないと出玉もショボくほぼ意味がありません・・

規制で出玉無し当たりは無くなるようですが、数100発程度の出玉ではあってもなくても全く変わらないですよねww

 

このタイプの台で大量出玉を狙いにいくのも楽しいのですが、やはり当たりさえ引ければ1000発以上は保障される海物語のような台には安定感では及ばず人気も勝てないような気もします。

こういった連チャン特化台も必要ですし、波に乗った時のイケイケ感はとても楽しいんですけどねw

さて・・今後のパチンコ業界、このような連チャン台と安定台・・・どちらがMAX機に代わって主役になるんでしょうか。

 

 

モンキーターン 第1節 [DVD] モンキーターン 第1節 [DVD]
河合克敏モンキーターン 第2節 [DVD] モンキーターン 第3節 [DVD] モンキーターン 第4節 [DVD] モンキーターン 第5節 [DVD] モンキーターン 第6節 [DVD]
by G-Tools