---- Sponsored Link ----
© NEWGIN GROUP

© NEWGIN GROUP

2016年1月11日導入。CRジャブジャブBEAT【スペック・ボーダー・解析攻略】です。

前作「CRじゃぶじゃぶビート」は2005年にリリースされ、高い連チャン性能で人気がありました。

今作でも仕様は変わりST機になりましたが、一度電サポSTを獲得すれば連チャン率約92%と高い連チャン性能は相変わらずです。

初当たり確率も低いので、少し気分転換に気楽に打てる機種であると思います。

---- スポンサードリンク ----

スペック

大当たり確率 1/25.9
確変中確率 1/25.9
賞球数 2&3&5&8&14 
ST突入率 100%
ST継続率 約92%
ST回数 65回
電サポ内容 0or1or5or25or65回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年1月11日
メーカー ニューギン

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
1R確変(約64発) 46%(0回)
1R確変(約64発) 20%(1回)
1R確変(約64発) 25%(5回)
1R確変(約64発) 8%(25回)
1R確変(約64発) 1%(65回)
電チュー入賞時
2R確変(約224発) 100%(65回)

まず、大当たり確率は1/25.9と軽めです。

ST突入率も100%ではありますが、通常時と確率は変わらないため潜伏狙いに意味はありません

初当たり時の大半が電サポ0回or1回or5回になっていますので、その電サポ中に1/25.9を引くことができれば電サポ65回継続率約92%の連チャンモード突入というゲーム性です。

 

注意点が一つあり、この機種は電サポ状態中のヘソ保留当たりヘソ消化中の電サポ保留当たりの場合・・大当たり振り分けのみ状態を参照して振り分けられます

つまり・・・
(電サポ状態中にヘソ保留で当たってしまった場合)
出玉は1Rになりますが、電サポは65回になります。

(電サポ終了後のヘソ状態中に電サポ保留で当たった場合)
出玉は2Rになりますが、電サポはヘソ当たり時の振り分けを参照し0〜65回になります。

 

要は電サポ中は万が一ヘソ保留当たりになっても連チャンは継続し、連チャンモード終了後の電サポ保留当たりでは通常当たり時の振り分けにされるということです。

ですので、初当たり時電サポ1回獲得の場合・・本当にその1回転だけで当たりを引かないと連チャンモードに突入しないというわけですねww
頑張りましょう!!

ボーダーライン

交換率 ボーダー
2.5円 25.5回転
3.0円 23.2回転
3.3円 22.1回転
3.5円 21.2回転
4.0円(等価) 20.2回転

※6時間稼動・出玉5%減。

総評

個人的にはこういった初当たりが軽くてわかりやすい台は好きです。

何も考えず少しの時間だけ遊びで打てますw

ちょっとタイプは違いますが「餃子の王将」も大好きでよく打ちます・・・かなり負けてますがww

 

電サポ時の自力突破型の機種は昔の「南国育ち」からいまいち相性が悪いのですが・・もし見かけたら少し打ってみようと思います。

1回の出玉は少ないですが、連チャン率約92%で全て2Rですから。
甘デジダンバインのように連チャン中はイケイケで楽しそうです♪