---- Sponsored Link ----
©SANYO

©SANYO

2016年6月13日導入、CRアニマルパラダイス【スペック・ボーダー・解析攻略】です。

海物語の動物バージョンみたいな感じでしょうか。

 

本機は最近増えてきたSKR(SUPER小当りRUSH)搭載機でST中は普通に消化するだけで出玉が増加していきます。

新基準の65%確変継続機種でのSKR搭載機ということですが・・辛そうな予感しかしませんねw

---- スポンサードリンク ----

 

スペック

大当たり確率 1/239.1
確変中確率 1/114.9
賞球数 3&1&6&7&15 
ST突入率 約65%
(アニマルチャレンジ成功含む)
ST継続率 約65%
ST回数 120回
電サポ内容 120回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年6月13日
メーカー SANYO

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
15R確変(約1350発) 10%(120回)
7R確変(約630発) 48%(120回)
アニマルチャレンジ
(約1260発)
10%
(成功時120回)
(失敗時なし)
14R通常(約1260発) 32%(なし)
電チュー入賞時
15R確変(約1350発) 30%(120回)
1R確変(約90発) 70%(120回)

ライトミドルV-STタイプの新基準機です。

初当たり時の約65%でSTに突入しますが、一部「アニマルチャレンジ」という特殊な大当たりが存在します。

 

アニマルチャレンジについて

通常時の青or緑図柄での大当たり時は「アニマルボーナス」となり、ラウンド中にカバギミックの「挑戦」図柄が3つ揃えば「アニマルチャレンジ」を獲得できます。

 

獲得した「アニマルチャレンジ」は大当たり7R目に発生し、ガチの自力V入賞チャレンジとなっています。

1回の大当たりで獲得できるチャレンジは「1回or2回or超」の3種類で、超であれば成功濃厚、1回or2回の場合は「高速で3回開閉するVアタッカー」に玉を入れることができれば成功でST突入となります。(成功率約67%)

 

完全自力になっているようですので、ぜひともSTをゲットしたいところですね。

 

 

 

初当たり時、通常当たりorアニマルチャレンジ失敗の場合は時短ももらえません。

ST「ザクザクRUSH」に突入すれば、SKR(SUPER小当りRUSH)搭載機なので毎回転約1/2でアタッカーが開放し出玉がザクザク増えていきます。

このSKRだけで1回のST120回転で約1230発獲得できるらしいのでバカにはできませんね。

 

因みにST中の大当たりは1R当たりがメインになっていてSKRの小当りに紛れて当たるので見た目上いつ当たったのか分かりにくくなっています。

これは「SKR付きのSTがどこまで続くかわからない」という期待感を維持させるための仕様だそうです。

 

 

ボーダーライン

交換率 ボーダー
2.5円 27.9回転
3.0円 25.2回転
3.3円 24.0回転
3.5円 23.1回転
4.0円(等価) 21.7回転

※6時間稼動・出玉5%減。

機種解説動画

総評

やはりスペック的にはかなり辛めの部類になりますね。

初当たり時のST非突入だった場合に時短が付かないのが痛いところ・・・SKR搭載機種なので仕方のないところですが。

 

しかし・・ST自体は継続率が低いとはいえSKRを搭載しているのでSTを駆け抜けたとしてもしっかりと出玉を得ることができるところだけは良いところです。

今後継続率が高くできないのであれば、このSKRを利用してまとまった出玉を演出できるかもしれませんね。(今後に期待)

 

ただ本機はST継続率の割に1R比率が高すぎるので、メインはSKRでの出玉獲得となってしまっているところが辛いと思います。

「逆転裁判」の時もそうでしたが、このSKRというシステムは個人的には好きですし可能性も色々と秘めていると期待はしています。

今後の発展に期待したい・・・