---- Sponsored Link ----
©大都技研

©大都技研

2016年2月22日導入、CR 3×3EYES 大帰滅への道【スペック・ボーダー・解析攻略】です。

なんと導入台数が約2000台との噂が・・・これはレアな機種過ぎてなかなかお目にかかれないですねw

原作「3×3EYES」は私はちょうど世代でよく読んでいました、かなり長く連載していた記憶があり大人気マンガでしたね。

たしか今も続編が連載しているようです

オリジナルコンテンツを好む大都さんがマンガ作品とのタイアップというのもなかなか珍しい上にこの導入台数ですから・・色々な意味でレアな機種であると言えますね。

---- スポンサードリンク ----

 

スペック

大当たり確率 1/239.2
確変中確率  1/26.6
賞球数 3&1&8&10&13 
ST突入率 50%
ST継続率 約90%
ST回数 60回
電サポ内容 60or100回
潜伏確変狙い目 ☆☆☆☆☆
導入日 2016年2月22日
メーカー 大都技研

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
4R確変(約360発) 50%(60回)
4R通常(約360発) 50%(100回)
電チュー入賞時
15R確変(約1370発) 10%(60回)
12R確変(約1090発) 5%(60回)
9R確変(約820発) 7.5%(60回)
6R確変(約550発) 7.5%(60回)
3R確変(約270発) 70%(60回)

初当たりは1/239.2と軽めで、ST突入率が50%確変・通常共に4Rです。

通常だった場合も時短100回がもらえるので引き戻しを考慮すると約67%でST突入となります。(時短引き戻し率約35%)

 

STに突入すれば継続率は約90%以上あるにはあるのですが、そのほとんどが3R当たりになってしまいます。

「3×3EYES」だから3Rラッシュ・・みたいなことなのかもしれませんが、勘弁してほしいところですww

15R時の出玉も多いとは言えないので出玉力はあまりないと感じますが、その分継続率は高いので連チャン時は楽しく打てそうです。

 

 

ボーダーライン

交換率 ボーダー
2.5円 26.5回転
3.0円 23.9回転
3.3円 22.7回転
3.5円 21.9回転
4.0円(等価) 20.6回転

※6時間稼動・出玉5%減。

公式PV動画

総評

少し前に似たスペックの高継続ST機「ダンバイン」がかなり人気を集めていましたね。

たしかにあの爽快感は驚愕でしたが・・「3×3EYES」「ダンバイン」と比べると少し見劣りするかなという印象です。(ボーダーも辛めです)

ただ「ダンバイン」よりも当たりやすく通常後の引き戻しにも期待できるので、気軽に遊べて連チャンも楽しめるという点では良いと思います。

 

残念なのは導入台数ですが・・・もしどこかで見掛けたら一度は打ってみたいとは思ってみます。

原作ファンの方はかなり楽しめるのは間違いないでしょう♪♪

 

 

3×3EYES 幻獣の森の遭難者(1) (ヤンマガKCスペシャル) 3×3EYES 幻獣の森の遭難者(1) (ヤンマガKCスペシャル)
高田 裕三3×3EYES 幻獣の森の遭難者(2) (ヤンマガKCスペシャル) 3×3EYES 幻獣の森の遭難者(3): ヤンマガKCSP 鸞鳳(2) (イブニングKC) 鸞鳳(1) (イブニングKC) サイレントメビウスQD(1) (KCデラックス ヤングマガジン)
by G-Tools